葬儀 タイトル画像

葬儀とは・・・。

葬儀というのは、トップページでも書いたように、亡くなった人を送り出すための儀式であり、それはとてもしめやかに行わなければならないとされています。葬儀は素人が行えるものではないため、一般的に葬儀社に依頼する事になります。東京や埼玉など葬儀社はいくつもありますが、その多くが故人を天国へ送るために葬儀のセッティングを神妙に行います。

それはそうだと思いますよね。葬式をするにあたって、ドンチャン騒ぎをするような人はまずいないし、むしろわざと騒いでいるような人たちは、怒った上でつまみ出す・・こともあり得ますよね。(もちろん私でもそうしますが・・。)

ですが、こうしたしめやかな葬儀が普通なのですが、例えば台湾あたりでは、葬式にバクチクとか鳴らしたりして、一見盛大なお祭りのような葬式の映像をみることがありますが、
知人によると、あの手法は「どれだけ人が葬儀に来てくれて、ハデに天国へ送り出してくれるのか」という考え方なのだそうで、日本とは全然違うんだなぁと重いました。
(・・知人から聞いた葬儀の方法なので、実際には違う面があると思いますが・・間違っていたらゴメンなさい・・。)

・・このように、葬儀は、国も違えば、文化や宗教、または地域振興や、古くから残る風習などでも、その方法や様式などが、ガラリと変わってしまいます。

これからは、その葬儀の方法の違いについて書いていきます。

ここを押すとページ上部へ移動します。