葬儀 タイトル画像

葬儀のウンチク(2)

何かが違えば葬儀も変わる。色々な葬儀。

例えば、わが国日本においては、葬儀の方法というのは、仏教を基本とした葬儀をする例がほとんどといえるでしょう。
葬儀にはお坊さんを呼んでお経を唱えてもらい、お墓にお骨を納めたら、お仏壇に向かって手を合わせる・・といったカタチが一般的ですよね。

それが、宗教が違うと、まるでその様式も、しきたりなども変化するようになります。

それは、キリスト教でも、イスラム教でも、神道でも違いますし、先ほどは日本の例も取り上げましたが、宗教が同じ仏教であるとしても、その様式はちょっと違ったものであったり、先ほどの台湾の例のように、にぎやかなお葬式をするという方法もあるでしょう。

葬式というのは、変化も少なく代々伝えられていくもので、その葬儀そのものが、ある種の文化といっても差し支えはないと管理人は思っておりますが、葬儀のカタチというのは、普段は全くきにしないけど、よく考えると、実に難しいものなのですね・・。

また、葬儀を行う直前には、亡くなった方の亡骸については火葬を行うのですが、それぞれの国や宗教・地域信仰や風習などによっても、火葬にしたり、土葬にする場合もありますし、水葬や鳥葬・自然葬など、様々な亡骸を葬るための方法があります。

ここを押すとページ上部へ移動します。